ブログ版をリニューアルしました。が、まだガタガタです…。走りながら修正しますね。
※LINEすみません。いきなり人数制限オーバーで未配信っっっ(調整中)。

【独占写真だっっ】超快挙! やったね! 安佐南区伴南出身の木原慧登くん(現・東海大相模高校2年生)が「世界カデ柔道大会2022」で金メダルに! ★インターハイは2連覇。

20220829-kihara (3)

木原慧登くんが日の丸を背負い、初めての世界大会へ。柔道男子73キロ級で、な、なんと優勝してしまった! 写真をたくさんありがとうございます。後ほど、19枚の画像を載せますね。この記事の最後まで見てくださーい。

さて、木原慧登くんはいま、柔道の名門、東海大相模高校2年生。まるごとGO!ブログは縁あって、以前から記事にさせてもらっています。





なんかいつも優勝しています。まさに、ご近所10代最強の柔道家です。

ちなみに、ご近所最強の空手家といえば秋山さんです。イラストはかわいいです。

さて、木原くんが出場した「世界カデ柔道大会2022」についてです。

「世界カデ柔道大会」は15歳~18歳の柔道選手による世界大会で、2年に1回開催されています。「カデ」とはフランス語で末っ子を意味する言葉で、サッカーや野球ではU-18という言われ方をしますが、それと同じ感じのようです。


コチラは木原君が出場した柔道男子73キロ級の出場選手たちの一覧が載っています。世界の屈強な男子たちの中に木原くんの姿が。


そして今年、「世界カデ柔道大会2022」が8/24(水)~28(日)にボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボで開催されました。場所、、、どこでしょうか(笑)。確か、世界史で習いました。第一次世界大戦の引き金となった町ですよね。
ボスニア ヘルツェゴビナは南東ヨーロッパのバルカン半島にある国です。
田園地帯には中世の面影を残す村、川や湖が点在し、険しいディナル アルプス山脈がそびえ立ちます。

首都はサラエボで、中心街のバシュチャルシヤは 16 世紀のガジ フスレヴベイ モスクなどの建築物が立ち並び、オスマン帝国時代の面影を残す旧市街です。

同時代に建設されたラテン橋は大公フランツ・フェルディナンドが暗殺され、第一次世界大戦の発端となった場所です。(※グーグルより)


まるごとGO!って、勉強にもなるなあ。そして
コチラが首都のサラエボです。

20220829-kihara (17)
20220829-kihara (18)

行くことはないですが、地図ではコチラです。

▲遠すぎます。旅費が高そう。

さて、今回の優勝について、日刊スポーツなど一流メディアにも取り上げられています。


そういえば、インターハイも2連覇です。

20220829-kihara (15)

そのときの動画がユーチューブにたんさくありました。


それではお待たせしましたっっっ!  独占入手(!?)した大会当日、サラエボで躍動した木原くんの雄姿の写真です。

20220829-kihara (2)

20220829-kihara (10)
20220829-kihara (5)
20220829-kihara (8)

20220829-kihara (9)

IMG_8621

IMG_8640
IMG_8639
IMG_8641
IMG_8642
20220829-kihara (4)

20220829-kihara (12)
20220829-kihara (1)

IMG_8633
20220829-kihara (13)
20220829-kihara (6)
20220829-kihara (7)
20220829-kihara (13)

20220829-kihara (3)

それにしても、おめでとうございます。日の丸がついた柔道着を着た木原くんの姿、また見たいですね。今度はもしできれば、日の丸の横に「まるごとGO!」の丸ロゴもつけてもらえたらいいなあ。

身近なご近所さんが世界で活躍する姿を見ると、自分も何かもっとチャレンジできそうだと思ってしまいますね。熱い勇気と感動ありがとうっっっ!

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ささかず編集長】
~コロナの中でも、毎日の暮らしに情熱を。~

▼▼みなさんから情報をお待ちしています! コチラからどうぞ。


いつも前向きなコメントやメッセージをありがとうございます。「いいね」ボタンを押してもらったり、Instagram、Facebook、Twitterをフォローをしてもらえるとさらにボクたち私たちの励みになります! ぜひ応援よろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です