ブログ版をリニューアルしました。が、まだガタガタです…。走りながら修正しますね。
※LINEすみません。いきなり人数制限オーバーで未配信っっっ(調整中)。

【極楽体験だったー】国家資格の作業療法士であり、中国整体式整体・推拿(すいな)の達人(!?)が「三つ葉整体院」を西風新都こころにオープン。★60分が半額キャンペーン開始

20220802-mitsuba-s (28)
▲院長の板橋史典さんは広島県立大学の保健福祉学部で学び、国家資格の作業療法士として、広島市立のリハビリ専門病院で17年勤務して独立。しかも、漢方や鍼灸と並ぶ中国三大療法のひとつ、中国整体式整体・推拿(すいな)整体師。今回、緊急独占インタビューと緊急独占施術体験をさせてもらいました。詳しくは後ほどです。

広島市安佐南区伴南にある団地「西風新都こころ」に「三つ葉整体院」がオープンしました。2022年3/28です。で、先日ようやく行ってきました。場所はコチラ。

クリニックビルの「ゆめビル」4Fにありました。とてもキレイなビルです。
20220802-mitsuba-s (27b)

コチラが入口です。
20220802-mitsuba-s (13)

営業時間です。ドアを開けてみました。
20220802-mitsuba-s (14)

まだ新しく、清潔感いっぱいでした。
20220802-mitsuba-s (15)

植物がいっぱいありました。
20220802-mitsuba-s (12)
20220802-mitsuba-s (7)
20220802-mitsuba-s (8)
20220802-mitsuba-s (10)

コチラは以前の勤務先、広島市立のリハビリ専門病院でリハビリをしていた患者さんからいただいたものだそう。
20220802-mitsuba-s (11)
手が動かなかったのが、リハビリの成果でここまで文字やイラストが描けるようになったそうです。
さて、コチラが院長の板橋史典さんです。
20220802-mitsuba-s (26)
▲写真はプロカメラマンが撮ったものを使わせてもらいました。

連絡をもらっていたのに、ようやくですみませんでした。院内を案内してもらいながら、いろいろと話を聞いてみました。

—–ささかず「作業療法士は、同じ国家資格の理学療法士とどう違うのですか?」

20220802-mitsuba-s (25b)板橋院長「理学療法士は『座る』『立つ』といった基本的な動作能力の回復から、日常生活や社会復帰を支えるスペシャリストです。一方、作業療法士は『食事』『トイレ』『買い物』といった応用動作の回復を支えるスペシャリストです。『絵が描けるようになりたい』といった患者さんがいれば、どうすればできるようになるのかを一緒に考えながら支えていきます」

コチラが施術前にカウンセリングを行う部屋です。
20220802-mitsuba-s (23)
20220802-mitsuba-s (19)

まずはこのカウンセリングシートに記入し、いろいろとカウンセリングを受けます。
20220802-mitsuba-s (18)

こんな感じでカウンセリングが行われるみたいです。
20220802-mitsuba-s (30)

あ、ギターがありました。
20220802-mitsuba-s (17)

—–ささかず「まさか、ギターで弾き語りをしながら施術をするスタイルでしょうか」

20220802-mitsuba-s (25b)板橋院長「いや、それはないです(笑)。作業療法士をやっているとき、『ギターを弾けるようになりたい』という患者さんがいました。そのときに自分も弾けないと、その動作回復を支えることができないので、ギターを学んだところ好きになりました。こんな感じで、患者さんをきっかけにいろいろと趣味が増えました」


—–ささかず「ほかにはどんな趣味があるんですか?」

20220802-mitsuba-s (25b)

板橋院長「ランニングだったり、これはフルマラソンに出るほど好きになりました。あと、囲碁や料理ですね」



ほか、カウンセリングルームには巨大な空気清浄機がありました。イキって買われたのでしょうか。そういえば、空気が澄んでいる気がします。
20220802-mitsuba-s (24)

飲料水もバッチリあります。
20220802-mitsuba-s (16)

板橋院長の肩書には、作業療法士の国家資格とともに、もうひとつ、中国整体式整体・推拿(すいな)整体師があります。

—–ささかず「推拿(すいな)とは何ですか!?」

20220802-mitsuba-s (25b)
板橋院長漢方や鍼灸と並ぶ中国三大療法のひとつと言われています。体をもむ、押す、転がす、震わせる、伸ばすなどいろんな手技を用いて、気と血液の流れが整うことが期待されます。これを高校生のときに習い、18歳のときに認定されました。コチラが認定書です」


20220802-mitsuba-s (5)

—–ささかず「高校生で取得ってすごくないですか!? 写真が若いですね。なぜ、習おうと思ったんですか!?」

20220802-mitsuba-s (25b)
板橋院長「家族のひとりがアトピーでしんどい思いをしていました。それが推拿(すいな)の施術を受けていくうちに少しずつ改善されて。とても驚いて、自分もその技を習いたいと思いました」



—–ささかず「作業療法士の資格を取るよりも、推拿(すいな)の認定取得の方が早かったんですね」

20220802-mitsuba-s (25b)
板橋院長「推拿(すいな)は東洋医学で、作業療法士はメディカルな西洋医学。当時から人間の身体について関心があったので、その両面から学びたいと思いました」



コチラが施術ルームです。なんか落ち着く空間です。
20220802-mitsuba-s (1)

—–ささかず「それにしても、広島市立のリハビリ専門病院を辞めて独立って、もったいない気が。なぜ、『三つ葉整体院』を開院しようと思ったんですか!?」

20220802-mitsuba-s (25b)板橋院長「いままでは病院で患者さんの機能回復が仕事でした。それはとてもやりがいがありました。今回開院したのは、病気にならないように予防するための手助けがしたいと思いました。広島県は健康寿命が全国的に著しく低いようです。元気でいられるように生活習慣の改善のアドバイスもしていこうと思っています。あと、一度の人生だし、チャレンジしようという気持ちがありました」

—–ささかず「なんか熱い話じゃないですか。さすがです」

作業療法士×推拿(すいな)の独特なサービスが認められ、「創業チャレンジ・ベンチャー事業の支援対象事業」としても認定されているようです。
20220802-mitsuba-s (3)

さて、せっかくなので体験させていただきました。
20220802-mitsuba-s (29)

45分ぐらい施術を受けました。個人的な感想ですが、もう極楽すぎました。身体の各部を手技で押すだけでなく、転がしたり、揺らしたり。なんだか、かなり心地よいです。

20220802-mitsuba-s (25b)
板橋院長「人から身体の施術を受けることで、オキシトシンという心地よいホルモンが分泌されます。あと、お腹を施術して腸を整えることでセロトニンという幸せホルモンが分泌されるそうですよ」



さて、超長話になりましたが、今回、特別サービスがあるとのこと。コチラがチラシです。
20220802-mitsuba-s (31)

初めての利用で、60分1万円⇒半額になるそうです。
20220802-mitsuba-s (32)

60分1万円って、他より料金が高めな気がしますが、作業療法士×推拿(すいな)整体師の組み合わせを駆使しながら、満足のいく心地よいサービスを提供したいとのことです。確かに身体が超ラクになりました。腰が軽くなりました。ありがとうございます。
20220802-mitsuba-s (21)

それではこの機会にみなさん、どうぞ。LINEからも予約ができるそうです。
20220802-mitsuba-s (9)

■三つ葉整体院
住所: 広島市安佐南区伴南1-5-18-8
電話: 070-8974-0328
営業時間: 9:00~19:30(最終受付18:00)
休み: 不定休。土・日曜・祝日は予約のみ。※予約した方が無難
駐車場: ゆめビル共用あり
交通: こころ入口バス停から徒歩1分
公式サイト: https://mitsuba-s.jp/


公式インスタグラム: https://www.instagram.com/mitsubaseitaiin/
(上記内容は記事作成時点でのものです)

【書いた人/ささかず編集長】
~コロナの中でも、毎日の暮らしに情熱を。~

▼みなさんから情報をお待ちしています! コチラからどうぞ。

いつも前向きなコメントやメッセージをありがとうございます。「いいね」ボタンを押してもらったり、Instagram、Facebook、Twitterをフォローをしてもらえるとさらにボクたち私たちの励みになります! ぜひ応援よろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です