先日、北広島町の国道261号線を北上していた時、一枚の看板を見かけました。
DSC_1002


「日本一たい焼」ですと!それも、10月23日オープン!それは行かなければなりません。
駐車場に車を止めていざお店へ!!

DSC_1005

オープン当日だったため、店頭にはお花がたくさん飾ってありました。
早速、たい焼きを買いに行きます。

DSC_0991

店内にはたい焼きを買い求めるお客様が並んでいました。
そして、お店に入ってすぐの所で、スタッフさんがたい焼きを焼いています。

店内には、たい焼情報が掲載されていました。
DSC_0997

また、「日本一たい焼」は西日本を中心に展開しているみたい。
こちらの「広島鈴張街道本地店」が41店舗目。
広島県では初進出です。
DSC_0994

レジは、半セルフスタイルでした。
お金を払い、少し待つと頼んだたい焼きとご対面。

DSC_1000

紙袋には
「このたい焼きを食べた創業者が博多弁で「このたい焼きの味は日本一たい」」
と、店名の由来が書いてあります。
日本一たい焼き、、、気になります。
中身はこのような感じでした。

DSC_1008
2歳の男の子の顔よりちょっと小さいくらいの大きさです。

DSC_1043

薄皮で皮はぱりぱり。そしてあんこがしっぽまでぎっしり入っています。
DSC_1048

気が付いたら一つ、食べていました。

紙袋の後ろに、温め方やこだわりがが書いてありました。
今回たくさん買ったので、こちらの温め方を参考に食べたいと思います。
DSC_1009

たい焼きは頭から食べる派と、しっぽから食べる派、割ってから食べる派等に分かれると思います。
こちらのたい焼きは・・・

DSC_1009
しっぽから食べるのが良いみたい。
ぜひ購入された方は、しっぽから食べてくださいね。

また、店舗前の看板には
「鯛焼きには 天然モノと 養殖モノがある」と大きな看板が。
DSC_1003

ホームページを見ると、天然モノと養殖モノでは焼き方が違うみたい。
店頭では、大きな焼型で天然モノのたい焼きを焼いていました。

DSC_0995


お店の横には小さなお子様の大好きな顔出しがありました。
DSC_1001


現在、こちらのお店では、黒あんのみ販売しているみたい。
1個200円です。
安佐南区&安佐北区からは少し遠いですが、ドライブがてら行ってみてはいかがでしょうか?


■日本一たい焼 広島鈴張街道本地店
住所/広島県山県郡北広島町本地2243-3
営業時間/9:00~19:00 売り切れのため早仕舞いの場合あり
定休日/なし
駐車場/20台駐車可能
ホームページ/https://www.nipponichitaiyaki.com/index.html


(上記内容は記事作成時点でのものです)

【書いた人/さつまいもこ】

Instagram、Facebook、Twitterをフォローをしてもらえると大変うれしいです!
よろしくお願いします♪


▼まるごとGO!に載せてほしい町の情報を提供していただけると助かります。お店や企業からの情報もお待ちしています(特別な読者特典とかあるとうれしいです)。
その際ついでに、記事の文章と画像もお願いしますー。贅沢を言ってなんですが、写真多めに3枚以上は撮っていただけるとさらにありがたいです。