ブログ版をリニューアルしました。が、まだガタガタです…。走りながら修正しますね。
※LINEすみません。いきなり人数制限オーバーで未配信っっっ(調整中)。

【12/14(金)今夜9時ごろから】1時間に40個流れ星が見れるかも!?ふたご座流星群が広島からも見れるみたい。

3大流星群の一つで冬の風物詩の「ふたご座流星群」今夜(2018年12月14日)ピークを迎えるそうです。国立天文台公式サイトによると、流星群の活動がもっとも活発になる「極大期」は今夜(12/14)午後9時ごろと予想されており、月が午後11時ごろに沈むと、暗くなってより観察しやすいとのこと。条件が良ければ1時間に40個ほどの流星を見ることができるそうです。
↓画像は国立天文台公式サイトより転載

a74559e2.jpg

観察のポイントは、

・望遠鏡や双眼鏡を使うと視野が狭くなるため、肉眼での観測が適している。
・暗闇に目が慣れるまで15分かかると言われているので星空観察を始める15分前には照明を消したり、スマホなどの画面を見ないようにする。
・人工の光が少ない、大都市からなるべく離れた暗い場所で観察する。
・空全体を広く見渡そう。
・方角は気にしないでいい。
・最低でも1時間は見続けよう。
・寒い時期なので防寒にもしっかり気を配ろう。
国立天文台は12月12日の夜から15日朝までの期間中「ふたご座流星群を眺めよう 2018キャンペーン」を実施しているそうです。夜空を観測した際に、流星がいくつ見えたかを、特設サイトから国立天文台に報告できるようになっています。
キャンペーンサイトはこちら。

419bfc26.jpg

最近は「星空カメラ」など、スマホカメラでも手軽に星空を撮れるアプリが複数登場しているみたいですね。流星を撮影できるかはわかりませんが、観察中に試してみると楽しそうです。今夜は少し夜更かしして、天体観測してみませんか?

■国立天文台公式サイト 
■ふたご座流星群2018についてふたご座流星群2018について

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です