20230122asakita_nougyou (2)
この記事を書いている私ささかずは、毎年、家庭菜園で野菜を育てています。そろそろフルーツを自分で作ってみたい、と考えていたらこんなイベントを見つけてしまいました。
20230122asakita_nougyou (7)
▲こんなレモンが栽培できたら♬ そんな理想のイメージ画像。

広島市安佐北区可部にある「広島市立安佐北区図書館」で、特別講座として「安佐北区図書館農業・園芸講座『果樹の育て方・楽しみ方』」があるようです。日時は2023年1/22(日)13:30~15:30です。
20230122asakita_nougyou (1)

ちなみに「果樹」とは何でしょうか?

天下の農林水産省のホームページにはこう書かれていました。

20230122asakita_nougyou (8)
農林水産省の公式サイトより

「農林水産省では、園芸作物の生産振興を効果的に推進するため、概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱っています。従って、一般的にはくだものとは呼ばれていないと思われる栗や梅などを果樹としている一方で、くだものと呼ばれることのあるメロンやイチゴ、スイカ(いずれも一年生草本植物)などは野菜として取り扱っています」とのこと。



な、なんと!
スイカは知っていたけど、イチゴやメロンは、実は野菜だったとは!?
20230122asakita_nougyou (4)
20230122asakita_nougyou (5)

イチゴといえば、広島市安佐北区白木町三田の観光農園「イチゴ狩り mogberry(モグベリー)」が昨年12/17(土)から開園しています。その最新記事はコチラです。

▲実は野菜だったイチゴを狩りたい人は、こちらからネット予約をどうぞ。

そして、栗や梅はフルーツのようです。勉強になったね!  
20230122asakita_nougyou (6)

さて話を戻しますね。。。この講座に参加するには事前申込が必要で、先着50名。1/5(木)から申し込みがはじまっています。まだ申し込めるのでしょうか、、、1/11(水)に安佐北区図書館に電話して確認しました。

20230122asakita_nougyou (3)

すると「残り枠はあと、10人ですよ」とのこと。人気の講座みたいです。ささかずと同様、フルーティーなチャレンジャーがこのご近所には多いようです。

さらにどんな講座なのかを電話口で聞いてみました。すると。
「果樹を育てたことのない初心者の方向けに、いろんな果樹の育て方をJA広島市可部の指導員さんがわかりやすく説明してくれますよ」とのことです。

興味のある人は早めに申し込んでくださーい。

【安佐北区図書館農業・園芸講座「果樹の育て方・楽しみ方」の概要】
◎日時:2023年(令和5)1/22(日)13:30~15:30
◎場所:広島市安佐北区民文化センター2階大会議室
◎講師:谷智明(たにともあき)さん ※JA広島市可部支店営農指導員
◎定員:50名(要申込・先着順)
◎対象:中学生以上、誰でもOKみたい
◎持参物:筆記用具、水分補給用の飲料水
◎その他
・マスクの着用みたい。。。
・会場で検温を行い、37.5度以上ある場合は参加できないみたい。
・軽度であっても咳・咽頭痛などの症状のある場合、参加を遠慮してほしいみたい。

◆参加申込について◆
2023年1/5(木)9:00から受付開始
安佐北区図書館へ来館、電話、FAX、図書館ホームページの申込フォームのいずれかで申込するみたい。
▼詳細・参加申込はホームページより


◎主催:広島市立安佐北区図書館
◎問い合わせ先
広島市立安佐北区図書館
住所:広島市安佐北区可部7-28-25
TEL: 082-814-0340
FAX: 082-814-0604
▼広島市立安佐北区図書館公式サイト




(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ささかず編集長】
★みなさんから情報をお待ちしています! コチラからどうぞ。

いつも前向きなコメントやメッセージをありがとうございます。「いいね」ボタンを押してもらったり、Instagram、Facebook、Twitterをフォローをしてもらえるとさらにボクたち私たちの励みになります! ぜひ応援よろしくお願いします♪