ブログ版をリニューアルしました。が、まだガタガタです…。走りながら修正しますね。
※LINEすみません。いきなり人数制限オーバーで未配信っっっ(調整中)。

【可部ラブな団体が熱くひとつに】4年ぶりに5/27(土).28(日)、安佐北区可部で「大文字まつり」が開催。この日、広島土砂災害やコロナからの復活の証、『大文字』の光が灯されるぞ!

20230524-kabe (41)

▲可部ラブなグループがほぼ勢ぞろい!  可部で300年の歴史ある「大文字まつり」の開催継続が決まり、力を合わせて盛り上げるためのプロジェクトが企画されました。

安佐北区可部の初夏の風物詩、高松山に「大」の光が浮かぶ「大文字まつり」が5/27(土).28(日)に開催されます。

コチラが「大文字まつり」の写真です。可部の町づくりグループ「カラスの会」の寺本事務局長から送ってもらいました。ありがとうございます。

20230524-kabe (50)

ちなみに今年も、カラスの会は「大文字まつり」に合わせて、「灯り祭り」として根の谷川沿いにキャンドルを296本並べるそうです。神秘的ね。


コチラは「大文字まつり」の案内チラシです。

20230524-kabe (49)

「大文字まつり」はなんと、約300年もの前から行われている伝統行事であり、火の安全を祈るために神様に献火を続けていると言われています。

でも、実際は「大文字まつり」の由来やはじまりについて明確な資料は残っていません。

なんだかよくわかっていないのに、なぜ可部の人たちは300年もの間、この伝統行事を続けてきたのでしょうか?

わかっていない分、勝手な想像をふくらませる自由が僕らにはあります。

だからこの日は、可部の夜空に浮かぶ「大文字」を眺めながら、300年もの歴史を自由に想像してみるのはどうでしょうか。

「300年前の可部の人たちも、同じ夜空の輝きを眺めていたんだ」「やっぱり、ちょんまげだったのかな!?」なんて想像しながら、可部の古い町並みを練り歩く・・・。なんか粋(イキり)でいいですね!  

20230524-kabe (45)

20230524-kabe (47)
20230524-kabe (48)

さて、そんな「大文字まつり」ですが、最近、たびたび中止になっています。広島土砂災害、そしてこの3年間はコロナが原因です。


実はこれを機に、関係者の高齢化などもあり、「大文字まつり」は300年もの歴史に幕が閉じられそうになっていたそうです。

20230524-kabe (42)

しかし、コロナ騒動がほぼ終わった今年3月、急遽、「大文字まつり」復活を決定!  一流地元新聞の中国新聞朝刊(4/9)に取り上げられ、一気に可部の人たちが熱くヒート! 

そして「大文字応援プロジェクト」が立ち上がりました。
※すみません、万が一、時系列が違っていたらご連絡ください。すぐ修正します。

20230524-kabe (44)

「大文字まつり」をさらに盛り上げるため、可部大好きな地元グループたちがひとつのチームとなり、祭り当日にさまざまなイベントを行うプロジェクトです。5/27(土)11:00~19:00に可部駅周辺で行われます。

▼これも中国新聞に取り上げられました。


コチラがチラシです。

20230524-kabe (22)

当日、可部の各地で行われるイベントが載っています。楽しそうですよ。

20230524-kabe (23)
20230524-kabe (24)
20230524-kabe (25)

その代表者のみなさんが集まって最終打合せを行った会議に、この記事を書いている私ささかずは参加してきました。

20230524-kabe (36)

打合せ後に記事用に撮影させてもらいました。この打合せの参加メンバーのみなさんです。

20230524-kabe (40)

▲手前左から、中本勲さん(高松神社大文字保存会 事務局長)、土井和正さん(可部駅前町内会会長)、深川康規さん(可部自治連会長)、阿部修一さん(可部カラスの会 会長)。2列目左から寺本克彦さん(可部カラスの会 事務局長)、山本一雄さん(高松神社大文字保存会 会長)、持田静さん(可部夢街道まちづくりの会番頭)、葉畑真利子さん(町内会員・広報担当)、三島満里子さん(可笑屋オーナー)です。


打合せ場所はコミュニティサロン&カフェ「可笑屋」です。
20230524-kabe (46)
20230524-kabe (38)

みなさん、熱く、楽しく打合せていました。

20230524-kabe (21)

20230524-kabe (37)

寄付またはお賽銭(500円以上)をすると、とても珍しい木札がゲットできるそうです。運気が上がりそうね!

20230524-kabe (29)

応援出店する店リストを、緊急独占スクープ入手しました。

20230524-kabe (34)
20230524-kabe (33)

なぜか、すでに来年2024年のポスターが完成していました。「大文字まつり」開催が決まったのが3月で、開催は5月・・・。可部の人たちは仕事が超速い!

20230524-kabe (31)

「可笑屋」の三島満里子さんです。広島市内から可部の町に嫁入りしたときに見た「大文字まつり」について、話を聞くことができました。

20230524-kabe (32)

「八木のあたりから可部の町を見たとき、高松山に『大文字』が輝いていました。麓に照らされる可部の街並みは本当に美しくて。いまでも忘れられません」と頬を赤らめながら語ってくれました。あと実は「ああ、これから、町中から田舎に住むことになるのかあ・・・」と最初は思っていたことも・・・。

「大文字まつり」の資料です。

20230524-kabe (28)

20230524-kabe (26)
20230524-kabe (27)


あと、コチラは送ってもらった応援店舗の写真です。解説なしで一気に並べますね。

20230524-kabe (9)
20230524-kabe (8)
20230524-kabe (7)
20230524-kabe (6)
20230524-kabe (5)
20230524-kabe (4)
20230524-kabe (3)
20230524-kabe (2)
20230524-kabe (20)
20230524-kabe (18)
20230524-kabe (19)
20230524-kabe (17)
20230524-kabe (16)
20230524-kabe (15)
20230524-kabe (14)
20230524-kabe (13)
20230524-kabe (12)
20230524-kabe (11)
20230524-kabe (10)
20230524-kabe (1)

とにかく可部に、熱い勢いを感じますね! 「大文字まつり」開催日の5/27(土).28(日)はいまのところ、天気がいいようです。楽しみですね。

【イベント】大文字まつり
献灯: 2023年5/27(土).28(日)19:00~24:00
神事: 高畑祇園神社で5/27(土)
主催: 大文字保存会、広島祭委員会、中国新聞社
協賛: 広島安佐商工会、可部郷土史研究会、広島可部ライオンズクラブ

【イベント】大文字応援プロジェクト
日時: 2023年5/27(土)11:00~19:00
場所: 可部 明神公園
問合せ: 大文字応援プロジェクト実行委員会
主催: 大文字保存会、広島祭委員会、中国新聞社
公式っぽいインスタグラム: https://www.instagram.com/kabe_myoujin/

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ささかず編集長】

▼みなさんから情報をお待ちしています! コチラからどうぞ。
▼お店や企業、施設からの情報もお待ちしています(特別な読者特典や読者プレゼントとかあるとうれしいです)。

いつも前向きなコメントやメッセージをありがとうございます。「いいね」ボタンを押してもらったり、Instagram、Facebook、Twitterをフォローをしてもらえるとさらにボクたち私たちの励みになります! ぜひ応援よろしくお願いします♪

4 COMMENTS

可部夢街道まちづくりの会

素晴らしい内容で紹介して下さりありがとございます。

返信する
あお

可部の風物詩ですから存続できてよかったと思います!
昨年末にオープンしたベトナム料理屋もお願いします。
そういえばラクア緑井に中央コンタクトが来月オープンします。場所は3階のレストスペースだった場所です。

返信する
ささかず編集長

>>2
ベトナム料理の件、了解ですよ。ありがとうございます。ラクラ情報もありがとうございます~~

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です