数ヶ月前から、数人の読者さんより「こころ団地にパン屋さんができるようですよ」と情報が届いていましたが、看板も情報も出てこない。。。

と思っていたら、ようやくそのベールを脱ぎ、姿を見せてくれました。ささかずは、遂に見つけて激写しました。こちら。
FullSizeRender
またしても夜です。西風新都の住宅団地「セントラルシティこころ」の佐伯区石内北側のエリアです。

閑静な住宅街の夜に、「これはただ者ではないな!」なんて勝手に想像させるほどの、おしゃれな感じの建物が浮かび上がっていました。

店名がパン屋「Boulangerie N.」(読み方:ブーランジェリーエヌ)
です。
2021年11月18日(木)朝8:00にオープンするとのこと。
この記事投稿の24時間後ですね。はじめまして。おめでとう。
FullSizeRender
ロゴがかっこいいですね。
FullSizeRender

近づくとチラシがありました。持ち帰ってチェックしてみました。

■おすすめ商品について
こう書かれています。
「ブランジェリーエヌ」では、毎日食べても飽きない、小麦の旨味を活かしたパンを作っています。また、お名前入り一升パンのご予約も承っております」とのこと。
FullSizeRender
本格的なハード系のパンが多いんですかね。とてもおいしそうです。ホントに毎朝いけそう。かなり勝手を申し上げれば、週末はミルクフランスと塩バターパンもあるとうれしいな。

■こだわりについて
チラシから、こだわりがひしひしと伝わってきます。。。こう書かれています。

★国産小麦を使用
FullSizeRender
「安心安全な素材を吟味。保存料などの添加物を使用していない・・・」と書かれています。

★角谷文治郎商店の「三河みりん」を使用しているとのこと。
FullSizeRender
「本格仕込み三州三河みりんは伝統的製法を使用。上質なもち米を原料に使用し、和釜で蒸煮。醸造・熟成期間は2年。より自然な栽培方法の原料を使用し、昔ながらの蔵の中で素材の持ち味を大切に醸しています」と書かれています。

ってなんかこのみりん、すごくない!? 熟成期間が2年って長くない!?

で、調べてみました。ユーチューブには「角谷文治郎商店の三河みりん」に関する動画がたくさん上がっていました。有名なんですかね。

その中で、なんと角谷文治郎商店の社長自らが、自社のみりんのこだわりについて語っている動画がありました。こちら。


角谷文治郎商店は明治43年に創業「世界では醸造の会社は200年、300年は当たり前なので、やっと100年を超えたという、そんな段階ですね」とのこと。「うちも、まだまだですよ」という職人気質な感じでした。

動画にはさらにこんな話も。そもそもの、みりんの特徴についてです。
■みりんを使うことによって、料理にこんな効果が!
[効果1]照りやツヤが出る!
[効果2]コクも旨味も引き出せる!
[効果3]臭みが消える!
[効果4]煮崩れを防ぐ!
[効果5]上品でまろやかな旨味を引き出せる!

「みりんの選び方で、料理の味が変わってくる」とは聞いたことがありますが、一体どれを買えばいいのだろうと以前、思ったことがあります。

この「角谷文治郎商店の三河みりん」がわが家にも欲しくなりました。
公式ホームページから購入できるようです。


・・・そういえば、話が大きく脱線したので戻りますね。

■フードロスをなくそう!セット(税込3000円)
FullSizeRender
閉店後に売れ残ってしまったパンをその日のうちに冷凍し、通常価格よりもかなりお得な価格で箱一杯に詰め合わせるとのこと。

※ただし、不定期販売みたい。
※さまざまなパンが20個以上みたい。
※クール宅急便で冷凍で12日間

それではオープンが楽しみですね。やっぱり行列ができるのかなあ。みなさん、路駐はバツよ。

■Boulangerie N.」(ブーランジェリーエヌ)
住所: 広島市佐伯区石内北1-5-22
電話: 082-205-5592
営業時間: 不明
定休日: 不明
駐車場: あるかも。不明です。

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ささかず編集長】
~遂にアフターコロナだ。毎日の暮らしに情熱を。~

Instagram、Facebook、Twitterをフォローをしてもらえると大変うれしいです! 
よろしくお願いします♪