明日、9月23日(月)は「秋分の日」。秋分の日にはどんな意味があって、何をしたらいいのかご存知ですか? おはぎを食べることはなんとなく知っているけれど、実はよく分かっていないかも・・・。そこで、ご近所で日本文化について研究されている植木唯男さん・通称「植木じいじ」にお話しを聞いてみました。
IMG_3805
「秋分の日にはどんな意味があるのですか?」
「秋分」は二十四節気のひとつです。二十節気は季節の移り変わりを知るためのもので、約15日間ごとに24つに分けられます。
秋分は、寒露(
かんろ)までの9月23日から10月7日頃のことをさします。
「秋を分ける」と書くように、この日を境に暑い日から涼しい
日へと変わり始める、という意味があります。太陽が真東から昇って真西へ沈み、昼と夜の長さが同じになる日です。

「秋分の日はどう過ごして、何をしたらいいですか?」
秋分の日は、昭和23(1948)年の祝日法によって休みと決められました。
「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」とされています。
秋分の日の前後3日間、計7日間を一般的に「秋のお彼岸」と呼び
、ご先祖様や亡くなった人のことを大切に想って過ごす期間です。
お墓参りをしたり、お坊さんにお経をあげてもらう家もありま
す。
また、健康で幸せに過ごせるようにおはぎを食べたり、お供えをする習慣があります。
それは、小豆には邪気を払い、災厄から身を守るという意味がある
からです。
おはぎの由来は、秋の七草の一つ「萩(ハギ)」からきていま
す。
IMG_3804

「秋にも七草があるんですか? それも食べられるんですか?」
残念ながら秋の七草は食べられません。春の七草はお粥にして無病息災を祈りますが、秋の七草は美しく咲き誇る花々を観て楽しみます。
秋の七草は、萩(はぎ)、尾花(おばな)、葛(くず)、撫子(なでしこ)、女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじはかま)、桔梗(ききょう)のことを言います。
鑑賞時期は旧暦の7~9月。現在の暦に当てはめると、9月中旬頃から11月の初旬頃です。
秋の七草とは、万葉集に収録されている山上憶良(やまのうえのおくら)の2首の歌だと言われています。歌はこちら↓
》 秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
》 秋の野に 咲いている草花を 指折り数えると 七種類ある



明日は、おはぎを作って、ご先祖さまに感謝して過ごしたいですね。
次回は「秋祭り」についてお話を聞きます。
植木じいじへの質問は随時募集しています。


(上記内容は記事作成時点でのものです)

【書いた人/ayamina】