今日、8/2(日)は今夏2回目の土用の丑の日「二の丑」というそうです。
「土用」とは、二十四節気の「立春・立夏・立秋・立冬」から18日(または19日)前の期間のこと、「丑の日」とは、12日周期で割り当てられている十二支が「丑の日」のことだそう。実は、春夏秋冬すべての季節の変わり目に「土用の丑の日」はあるんですね。
とくに夏の土用は、夏バテや食欲不振になりやすく体調を崩しやすい時期。昔から精のつくものを食べた方がいいと言われ、「丑」の「う」にちなんで、「うのつく食べ物を食べれば夏バテしない」と、栄養価の高い鰻を食べるようになったそう。
ご近所の「回転寿司店 すし辰」でもうなぎメニューが食べられるよと聞いて、行ってきました。
FullSizeRender
鰻は四万十の国産鰻を使用されているそうで、
「四万十川流域の地下水を使用して健やかに育まれた良質な鰻を、海洋深層水仕込みの本醸造減塩・蒲焼たれで、味わい深く仕上げました」とのこと。手巻きやおろしわさびのせ、山芋のせ、といろいろな種類がありましたよ。
FullSizeRender
四万十の国産鰻(一貫250円)、鰻巻き(一貫190円)、香ばし鰻の手巻き(300円)を
オーダー。※手巻きの向きが反対向いていて鰻が見えないですね・・・すみません~。けれどコレすごくおいしかったです。

FullSizeRender
さすが、四万十うなぎ!どれも美味でした。低価格な回転寿司もいいけれど、やはり品質にこだわる「すし辰」さんは満足感がありますね。
FullSizeRender
暑さ本番、「土用の丑の日」に鰻でスタミナをつけてはいかがでしょうか。

すし辰公式サイト
https://www.v-style.co.jp/shop/sushitatsu/st_midorii/

緑井本店、西風新都店など
店舗一覧はこちら

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】