安佐南区在住のシンガー、道田涼子さんが代表を務める「NPO法人 シードオブピース(公式サイト)」がYouTubeにて「被爆体験の音楽朗読劇」を配信しているみたいです。
IMG_6717
道田さんは2008年に、「ひろしま被爆者」の体験から音楽朗読劇を作成、上演し、平和の大切さを広げていくことを目的とした「NPO法人シードオブピース」を設立。毎年、平和への祈りコンサートを開催されていますが、今年はコロナウイルスの感染予防のため、コンサートではなく、動画を配信されるそう。
昨年のコンサートについての記事はこちら。
 

道田さんにコメントをいただきました!
「いつもの日常が一瞬で消えてしまったあの日から今年で75年が経ちます。
コロナ禍で迎える75年目のヒロシマの夏、あらためて日々の当たり前の生活や平和の大切さについて考えてみませんか。親子での平和学習としても観ていただけたらうれしいです」。
【作品紹介】↓下記リンクのゆいぽーとHPから視聴できます
http://www.yui-port.city.hiroshima.jp/index.php?page_id=466
●「みえこの夏」~森田美恵子(22分)
●「平和への祈り」~長崎まさ~(19分)
●「十五歳の八月」~坪田幸雄~(21分)
●「一本の杖」~柳川良子~(28分)
原爆の映像や話については、つい目をそらしてしまいそうになりますが、広島に住んでいるものとして親から子へ語り継いでいかなきゃいけないことだなあと思いました。道田さんの美しい朗読を聴きながら、親子で平和学習をしてみてはいかがでしょうか。
シードオブピース「被爆体験 音楽朗読劇」
配信期間/2020年7月14日~8月16日(日)
シードオブピースHP/https://seed-of-peace.com/
ゆいぽーとHP/http://www.yui-port.city.hiroshima.jp/index.php?page_id=466
(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】