本日、7月1日からレジ袋が有料になりますね。
FullSizeRender
スーパーにはマイバッグを持参することに慣れてきましたが、
立ち寄り型のコンビニや、病院を受診したあとの薬局でもレジ袋が有料になるみたいです。

↓西風新都クリニックビル1階の薬局にも貼ってありました
FullSizeRender
本屋さんでも。
FullSizeRender
100均でも。
FullSizeRender
今回、有料化の対象となるのはプラスチック製のレジ袋で、
リユース可能な厚手のもの、生分解性プラ配合率100%のもの、バイオマス素材の配合率25%以上のレジ袋は対象外だそう。
そこで、ファーストフード業態を中心とした外食店では、汁物のメニューなど、マイバッグで持ち運ぶのには適さない商品も多いため、バイオマス素材のレジ袋に切り替えて有料化を回避する方針のお店もあるそう。
ただ、無料提供を継続する場合も、バイオマス袋導入によるコストアップ分は自社負担となるそう。

また、「本体価格+袋代」の一体価格表示の場合でもお客さんが袋を辞退した場合はレジ袋を除いた金額にしなきゃいけないので、オーダー時にお客さんに確認する必要があったり、多くの食券売機では1円と5円が使えないことなど、混乱も予想されているみたいですね。

これまで、無料で配布されていたレジ袋で家庭ゴミを捨てていた人が、有料化に伴い、ゴミを出すために別途ポリ袋を購入すればまた同じだけ使用量が増えるのではないかという心配も・・・。

無料が「有料」になることで、ゴミ排出を抑えようという意識の変化が大事ですね。

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】