春ですね。出会いの季節、そして恋がはじまる予感たっぷりの季節です♡
独身のみなさん、この春は思い切って婚活しちゃいましょうー。

ということで今回、安心・信頼できそうな「結婚を前提とした男女の出会いの場」を見つけました。
NPO法人ひろしまひろがる出会いの広場JUNOALL(ジュノール)という、広島の独身男女のために結婚につながる出会いをサポートしている場所です。
通称、「ひろひろひろば」と呼ばれているみたいです。
junoall_20200312 (10)
↑ここは広島電鉄八丁堀電停付近です。ここから1分くらいの場所に「ひろひろひろば」があります。
junoall_20200312 (14)
↑こちらが建物です。

到着しました。こちらが「ひろひろひろば」の入り口になります(※後で詳しく書きますが完全予約制です。アポなしはNGです)。
junoall_20200312 (25)
それではおじゃましまーす!
junoall_20200312 (3)

NPO法人ひろしまひろがる出会いのひろばJUNOALL (ジュノール)
【通称・ひろひろひろば】

▶︎利用時間 10:00-19:00
▶︎定休日 火曜
▶︎電話番号 
082-511-0610
▶︎住所 広島市中区鉄砲町8-11クレセント尼子204号
▶公式ホームページはコチラ


公式フェイスブックページはコチラ

 (※この記事を作成したときのデータです)


しかし、男女の出会いをサポートというフレーズ・・・。なんというか、怪しむ人がいるかもしれないですね。まるごと編集部がある出版社ザメディアジョンの社内でもこんなコメントが。。。

「え~、怪しいところじゃないですよね。ここは大丈夫なところなんですか!?」(ザメディアジョン経理課勤務の未婚女子談)
junoall_20200312 (30)
「ホントに信用してもいいんですかね!? 」(ザメディアジョン勤務の編集者の未婚男子談)
junoall_20200312 (31)

なんて声がちらほら・・・。

しかし!
大丈夫です。ご安心ください!

ここはかなり信頼できる婚活支援の場のようなのです。
しっかりリサーチしたので、安心の理由をこれから説明しますね。

【安心の理由-その1-】「少子化対策」「地方創生」をテーマに、全国各地の行政や地元大手企業などが提携している!

JUNOALL(ジュノール)は広島だけではなく、全国各地に拠点があるようです。各地の行政や公的な機関、地元大手企業などと連携して、「低価格」で婚活支援をされている非営利団体のネットワークのようです。
儲けることが目的ではない!? では何のために設立されたのか!?

JUNOALL(ジュノール)が設立された理由は、ここに詳しく載っていました。
団体の最高顧問である元・福岡県知事の麻生渡氏(すごっ!)のあいさつ文です。

junoall_20200312 (5)
こちらはJUNOALLのホームページより。詳しくはこちら↓↓↓


抜粋すると、「赤ちゃんが生まれなくなった原因は確かに経済的な問題とかいろいろあるのですが、直接の最大の原因は結婚しなくなったことです。それではなぜ結婚しないのか。いろいろな調査の結果は明白です。「良い人に出会う機会がない」ということです・・・」

つまり、少子化対策のために、地方創生のために、婚活を支援しようというのがJUNOALL(ジュノール)のつくられた理由のようです。だから、信頼できる行政や公的機関、大手企業などが各地で社会貢献活動として取り組んでいるんですね!

ということで、広島エリアで2019年から運営を開始したのが「NPO法人ひろしまひろがる出会いのひろばJUNOALL」(通称・ひろひろひろば)なのです。
ちなみにその会員企業こちらに載っています。地元の有名企業が名を連ねています。すごっ。

【安心の理由-その2-】個人情報保護や結婚詐欺などの対策が万全。1ヵ月1000円で安心して婚活ができる!

さて、信頼できる非営利団体が活動されていることはわかりましたが、ではどうやって将来の結婚相手と出会えるのか・・・いろいろ気になりますね。
junoall_20200312 (32)

>>>まずは、こちら「ひろひろひろば」の特徴です。
[特徴1]気軽に利用できるリーズナブルな料金。
かかる費用は月会費の1000円だけ!入会金や解約金は不要。そして、カップルになったり、結婚することが決まったときの成約料は一切なしです。さすがは社会貢献活動です!

[特徴2]自分が納得いくまで、お相手探しができる。
「ひろひろひろば」のお相手探しの方法は、iPadを使ったデータマッチングシステム。会員さんは何回でも利用して検索でき、自分が望む条件を大切に、理想に近い相手をじっくりと選べるようです。

[特徴3]安心の入会審査
入会時にサポートスタッフさんが面接を実施。独身証明書など公的な書類を提出が必要になります。

[特徴4]プライバシー保護対策がバッチリ!
iPadを使ったデータマッチングシステムは、「ひろひろひろば」のプライベートルームでだけ利用可能。その他の場所ではアクセスができないように設定されています。さらに入室時はスマートフォンなどの荷物はすべてロッカーで管理され、登録者の情報は一切持ち出せないようになっています。

・・・ところで会員さんの年齢層は!?
現在、入会されている会員さんは20代から70代と幅広いようです。若い人ばかりでなく、年齢の高い人ばかりでもないのがこちらの特徴のひとつようです。

それでは登録からお相手選びの流れです。
1.入会資格
>入会資格は下記の通りです。
■中区鉄砲町にある「ひろひろひろば」に行ける人
⇒ここでしか、データマッチングシステムで閲覧できないように設定されています。
■日本国内に居住する20歳以上の独身男女
■話し方、マナーに問題がない人
■反社会的勢力に関係していない人
※その他、こちらの判断で入会NGの場合もあり

2.入会方法
まずは、電話番号082-511-0610に電話して予約(※完全予約制)
予約日時に「ひろひろひろば」を訪ねて、入会手続き・面接を実施。
junoall_20200312 (4)

>登録に必要な書類はコチラ
■健康保険証または運転免許証 
■独身証明書(本籍のある市区町村で発行、郵送でも受領OK)
■源泉徴収票または給与明細書(自営者は所得証明書)
■会費の口座振替手続きに必要な「通帳」と「お届出印」
■本人の写真(プリントはLサイズ1~3枚、データでもOK)
※その他、必要に応じて別途書類が必要な場合もあり

面接は案内全般とともに、あくまで「結婚」を前提とした出会いの場なので、彼氏・彼女探しの場ではないことを確認されるみたいです。

3.理想のお相手選び
junoall_20200312 (22)

独自で開発したデータマッチングシステムで、希望する条件に合うお相手を検索します。プロフィールや結婚に対する考え方、趣味、画像などを閲覧していきます(氏名や住所などは表示されません)。

4.サポートスタッフさんが、ご対面のセッティング
junoall_20200312 (5)
実際に会ってみたいお相手が見つかってからは次の流れです。
1.サポートスタッフにお知らせ  
⇒3名までご対面の申し込みが可能。

2.サポートスタッフがお相手にお知らせ  

⇒お相手がご対面を承諾したら、日程を調整。

3.実際にご対面  
⇒場所は「ひろひろひろば」のプライベートルームに限定。ご対面後は時間をズラして退出。

4.サポートスタッフが二人に確認  
⇒二人の思いが同じ場合、それぞれの連絡先が知らされ、交際がスタート。

 ↓↓↓入会の詳細はこちらを見てね。 
 

【安心の理由-その3-】サポートスタッフさんが、いい感じ!

さて、「ひろひろひろば」のサポートスタッフである重田さん・矢野さんの登場です。お二人とも熱心で和やかな女子です。
ちなみにお二人は広島本社の不動産総合デベロッパーである株式会社マリモで働いていた同期社員さんだったそうです。

最後にお二人から、結婚を希望する独身読者さんに向けてメッセージをもらいました!
junoall_20200312 (27)矢野さん
「さ、勇気をもって一歩を踏み出しましょう!」

junoall_20200312 (28)重田さん
「結婚を前提とするお相手探し、してみませんか」

ちなみに、ここ、「ひろひろひろば」理事である武田和久さんは、昨年2019年12月18日放送の、ネプチューンが司会の人気バラエティ番組「あいつ今なにしてる?」(テレビ朝日)に登場されたみたいです!

↓こちらが番組公式ホームページです。

な、なんと、テレビ朝日アナウンサーの大下容子さんと同級生。大下アナが会いたい同級生の一人として登場しました。で、そのロケはここ、「ひろひろひろば」で行われたそうです。
武田さんはクラスのムードメーカーだったみたいです(笑)

詳しくは番組公式サイトのバックナンバー(2019年12月18日放送分)にあります。

※バックナンバーはこちらをクリックすると見れますよ。

いま、「ひろひろひろば」は、この番組の放送の影響もあり、登録者が続々と増えているようです。この春から婚活をしてみたい人は、気軽に相談してみてね!

NPO法人ひろしまひろがる出会いのひろばJUNOALL(ジュノール)
【通称・ひろひろひろば】
■利用時間/10:00-19:00
■定休日/火曜
■電話番号/082-511-0610
■住所/広島市中区鉄砲町8-11クレセント尼子204号
■交通/広島電鉄八丁堀電停から徒歩1分
■公式サイト
 
■フェイスブックページはこちら

(上記内容は記事作成時点でのものです)
(書いた人/ジャッキー・リンガー)