この時期、スーパーで見かける「ヨリエビ」。底引き網漁でとれる小エビのことで、大きさ別に選り分けられるため、広島・瀬戸内地方では「ヨリエビ」と呼ばれているそうです。
わが家はみんなこの「ヨリエビ」が大好きで、唐揚げにして食べます。
というわけで、今週の【ayaminaの作ってみたよ】はヨリエビの唐揚げです!
(勝手にレギュラー化)
じゃーーーん、こちらがスーパーで見つけた「ヨリエビ」です。山口産。

FullSizeRender
まず、洗っていきます。あまり強く洗うと頭がとれて、おいしいミソが流れてしまうので、
やさしく。

FullSizeRender
水気をキッチンペーパーでとります。このあと片栗粉をつけるので、そんなシビアにならなくても大丈夫ですよ♡
FullSizeRender
FullSizeRender
片栗粉をはたきます。
FullSizeRender
FullSizeRender
揚げていきます。180度です。
FullSizeRender
うわー、おいしそう~。つい、つまみ食いをしてしまいます。

FullSizeRender
カリっとしてきたらOK。バットで油をきります。
FullSizeRender
はい、完成!わが家はこのままいただきますが、おつまみにされるなら、塩をふってもいいですね。
FullSizeRender
まるごと食べられて、カリカリ、ジューシー。そして頭のミソが最高~っに旨いです。
簡単、早い、カルシウムもとれて、いいですね。
ちなみに、和の料理人をしている伯父に聞いたところ、塩ゆでもおいしいよと言っていました。エビのほのかな甘みやミソのうま味がより分かりやすいとか。
ヨリエビは年間通してとれるけど、夏はアクが回って早く変色してしまうため、生のままスーパーに出回るのはおもに冬の時期だけみたいですよ。

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】

banner1980×720-1