11/24(日)は広島平和記念公園にローマ教皇が来られるということで厳戒態勢がしかれるみたいですね。教皇が来日(来広)されるのは38年ぶりだそうですが、前回来られたのは「ヨハネ・パウロ2世」で、今回来られるのは「フランシスコ教皇」だそうです。
IMG_2286
では、ローマ教皇フランシスコについて、少し、ご紹介。
広島県県庁公式サイトより抜粋)
教皇は全世界のカトリック教会の最高聖職者。
日常では法王専用の宮殿ではなく、ほかの聖職者と同じ宿舎に住んでいらっしゃったり、
教皇に選ばれる以前から公共交通機関を率先して使われたりするなど質素倹約の庶民派法
とも呼ばれているそうです。他宗教との交流、一般の人々とのふれあいも積極的に行っていらっしゃることなどから、広く世界中から尊敬を集めていらっしゃるそうです。
そして、核兵器廃絶に強い関心をお持ちであると言われ、今回、被爆地広島でメッセージを発信されます。
そんな雲の上の存在のご立派な方、、、なんだか一目でもお目にかかりたいと思ってしまいますね。けれど、お昼からは平和公園内や公園に繋がる橋に立ち入り規制が行われ、周辺道路は夕方18時から20時に通行止めが行われるみたいです。
広島県警察公式サイト)(交通規制図PDF
FullSizeRender
実は私、以前、オバマ大統領が来られたときに行きました。厳戒態勢で、全国から召集された警察の数、4600人。
横川神社のあたりの橋からもう検問がありましたよ。こんな感じでした↓
FullSizeRender
歩行者への検問もありました。
FullSizeRender
平和公園周辺は外国から来られた記者さんやレポーターさんがたくさんいらっしゃいました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
そんな感じで、ものものしい雰囲気だったのを覚えています。それでも、相生橋からすぐそばにオバマ大統領の存在を感じられたのはとてもいい経験だったなと思います。
そうです、平和公園のなかには入れないみたいです。平和公園内の広島市観光案内所は13時で閉館するそう。平和記念資料館、広島国際会議場も、午後13時で一度閉館するそう。そして、その後また21時、22時くらいまで臨時開館するみたいです。(ローマ法王の滞在時間により変更あり)詳細は公式サイトにてご確認くださいね。広島県がローマ法王の訪問を歓迎するために、市民から歓迎メッセージを書いた写真を公募して作ったモザイクアートが完成したそうですよ。公式サイトに掲載されていました。
こちら↓(国際拠点ひろしま 公式サイト)
FullSizeRender
10月に広島で行われた「国際平和のための世界経済人会議」のトークゲストとして来られていた、国際フェンシング連盟副会長の太田雄貴さんも参加されたようですよ。
FullSizeRender
前回が38年前の来広ということは「ローマ教皇」にお会いできるのは一生に一度かもしれませんね。
いつだったか、知人が「人生で会ってみたい人、イチロー、ダライ・ラマ、ローマ法王!」と言っていたことを思い出しました。(余談)
(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】