11月1日(金)~7日(木)は「学校へ行こう週間」みたいです。
地域の方はもちろん地域外の方でも自由に、幼稚園や小学校、中学校、高校などへ行き、
活動のようすを参観することができるそうです。

FullSizeRender
学校へ行こう週間とは・・・
●広島県教育委員会が主催の「ひろしま教育の日」の関連事業として平成12年度から実施が始まった。
対象校は広島県内の公立幼稚園、小・中・高等学校、特別支援学校、私立学校など。
●実施期間は11月1日~7日。学校によって日時が異なり、10月下旬から実施するところもある。
在籍児童・生徒がいない方、地域外の方も誰でも自由に授業参観ができる。

保護者や地域の方に学校教育に対する理解と関心を深めてもらい、開かれた学校づくりを行うことが目的。
とのこと。
通常の授業だけでなく、保護者や地域の人の参加や協力を得て交流活動や特別授業を行う学校もあるみたいです。
FullSizeRender
安佐南区伴南にある
「広島市立伴南小学校」(全校生徒数909人)は、平成15年の開校当時から「学校へ行こう週間」の期間中に「こころの菊花展」が行われるそうです。
開校以来続いているという伝統行事、「命をつなぐ菊づくり」で6年生一人ひとりが地域の人の指導を受けながら育ててきた菊を、正面玄関周辺に一斉に展示するそう。菊は代々受け継がれているそうで、
花を落としたあとの親株から作った挿し芽を次の世代に引き継いでいっているそう。今年の6年生の菊は第17代目だそうですよ。ステキな取り組みですね。
↓お披露目前の色とりどりの菊の花
FullSizeRender
そのほか、伴南小学校では1年生の授業で、同じこころ団地に住む「こころシニアクラブ」の方に昔の遊びを教えてもらう「むかしからのあそびをしよう」が行われるそう。けんだまや竹馬、コマ回し、お手玉、あやとりやメンコなどを実際に使って地域の方と遊ぶそうで、子どもたちはこの行事をとても楽しみにしているそう。普段はなかなか話すことのない地域の先輩方と触れ合える時間もステキですね。
→実施日10/31(木)2・3校時(9:35~)場所:多目的広場(1階ほか)

6年生の授業では、同じこころ団地に住む「元広島アジア競技大会組織委員会スタッフ」による講演会が行われるみたいです。テーマは「広島アジア大会」と「街の幸福論」~第12回広島アジア競技大会のお話とこころの街の変遷について~だそう。ポスターを数点展示し、大会にまつわる「お宝」の紹介もあるそう。
→実施日10/31(木)3校時(10:40~)場所:体育館  

そのほか、授業だけではなく、休憩時間や給食、4~6年生のクラブ活動も観ることができるそうです。
→クラブ活動の実施日10/31(木)5校時(13:35~14:35) 

◎広島市立伴南小学校の「学校行こう週間」の日程はこちら
10月31日(木)/10:40~12:15(3~4校時)13:35~14:35(クラブ活動)
11月1日(金)/10:40~12:15(3~4校時)
11月2日(土)/9:35~11:25(2~3校時)

多くの方に来ていただけるようにと土曜日も行っているそう。平日に働いている方も行きやすくてうれしいですね。
FullSizeRender
1年に1度の「学校へいこう週間」。これまで行ったことがない方も、気になる幼稚園や学校などあれば、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
なお、それぞれの学校において来校の際の注意点があるのでお気をつけくださいね。
たとえば
※受付で記名をお願いします
※ビデオや写真撮影はご遠慮ください
※自家用車での来校はご遠慮ください 
※使用していない教室への立ち入りはご遠慮ください などなど。

  
まるごと安佐南安佐北ブログでは、取材させていただける幼稚園、小学校、中学校、高校、大学を募集しています。「うちの学校の●●活動がすごい、●●クラブがすごい、名物先生がいるよ」などなど、情報をお待ちしています。

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】