佐伯区利松にお住まいの方から秋祭りの情報が届きました。
FullSizeRender
「俵もみ」とは、五穀豊穣を感謝し、その年とれた新米を俵に詰めて神社に奉納する、古くから伝わる伝統行事のことだそう。こちらの地区では、廃れ行く「俵もみ」を継承していくことで地域の人たちと協力しあい、明るく住みやすい町づくりを目指しているそう。
現在は、俵に米は入っておらず、「御蔵米」と書かれた木札を差し、町内を練り歩き、神社に奉納するみたいです。
俵もみの奉納の前に、八幡神社の境内で餅まきが行われるそうです。
【利松地区秋祭り】

開催日時/2019年10月12日(土)前夜祭、八幡神社神楽
         10月13日(日)祭り

八幡神社は、広島市佐伯区八幡、利松、八幡東、八幡が丘、薬師が丘、城山、美鈴が丘の氏神だそう。

【八幡神社】
住所/広島市佐伯区八幡3-9

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】