広島市郷土資料館(広島市南区)では、今年の夏もおばけがやってくる企画展「夏休みおばけの博物館」が開催されているようです。開催期間は7月20日(土)~8月25日(日)まで。(公式サイトはこちら
IMG_1424
怖くてユニークな妖怪の世界が広がり、
おばけと一緒に写真がとれるコーナーもあるそうです。つくも神作家 八木一文さん制作の愉快なつくも神のフィギュアもやってくるとのこと。
ちなみに、チラシの右に載っているおばけはつくも神「はがま」、左に載っているのは郷土資料館お化け屋敷のアイドル「毒酒売の老婆」です。

同時開催で、「夏休みわくわくイベント」「郷土資料館被爆建物案内」「すずさんと学ぶ戦時下のくらし」もあります。
IMG_1421

中学生以下は入館料無料です。
暑い夏、広島市郷土資料館へきもだめしをしにお出かけはいかがですか。
詳細は、広島市郷土資料館のHPをご確認くださいね。

【イベント名】夏休みおばけの博物館
開催期間/2019年7月20日(土)~8月25日(日)
開館時間/9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日/毎週月曜日(8/12は除く)、8/13(火)
場所/広島市郷土資料館
住所/広島市南区宇品御幸二丁目6-20
リンク/公式HP


(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/はせウメコ】