こんにちは! ぼちぼち広島も梅雨入りするみたいですね。そこで、ジメジメしたお天気を吹き飛ばすような、スカっとさわやかなドリンクを作ってみました。
今が旬の「赤しそ」を使ったジュースです。こちらが↓赤しそ。生協ひろしまコープ西風新都店で1束150円で売っていた安佐南区戸山産のものです。2束購入♪

FullSizeRender
FullSizeRender
早速作っていきます。使うのは葉だけなので、まずは枝から葉を取り、よく洗います。
FullSizeRender
小3の娘も手伝ってくれました。・・・Tシャツびしゃびしゃ・・・(泣)。
FullSizeRender
葉を計ります。だいたい300gが作りやすい量です。2束使って300g弱。
FullSizeRender
次に、鍋に1,5L~2Lのお湯を沸かします。
FullSizeRender
そこへ先ほど洗った赤しそをドーンと入れます。菜箸でひたひたに浸かるようにおさえながら。。。
FullSizeRender
ここから1分程度煮出していきます。長く煮出すとえぐみのようなクセが出てしまうので、赤しその色が緑色になってきたらそろそろOK。
↓汁は真紫、しそは緑色になりました!実験みたいで娘は面白がっていました~。

FullSizeRender
ここで、赤しそを引き上げます。底にちょっとしたカスなどが沈んでいることがあるので、私はここで別の鍋に移し替えます。底に残ったさいごあたりの汁は捨てます。
IMG_7120
次に、砂糖、酢、クエン酸を加えていくのですが、砂糖は500g~1kgくらいが目安みたいです。私は日持ちをさせるつもりがないのと、あまり甘くないほうが好きなので、250gで挑戦してみました!
FullSizeRender
さっぱりさせたいならグラニュー糖がいいそうですが、コクのあるマスコバド糖を使用してみました。
FullSizeRender
砂糖を加えて弱火でコトコト5分くらい焚いていきます。アクが出たらとります。
FullSizeRender
最後に、火を止めて、酢を50ml、クエン酸を15g程度入れて混ぜたら完成。
クエン酸がない場合は酢を100~150mlくらいに増やしてもOK。クエン酸はウォンツで25g200円くらいで購入できましたよ。

FullSizeRender
FullSizeRender
お好みで2~3倍に薄めて飲みます。私は炭酸で割ってみました。
FullSizeRender
甘さ控えめで酸っぱくて、おいし~!!(自画自賛)
FullSizeRender
これで、暑い夏も乗り越えることができそうです。よかったらみなさんも作ってみてくださいね♪
あ、そういえば以前記事にしたその時の記事はこちら「オリンピック観戦チケット」。6月20日に当選発表がありましたね。まるごと編集部は、なんと!!みんな!!・・・外れました。(泣)。
朝のニュース番組「スッキリ」で加藤さんも水卜アナも外れたって言っているのを聞いて少し安心しましたけど(笑)。

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】