梅の実がなる季節になり、スーパーでも青梅がたくさん並んでいます。
先日、子どもが学校で「梅もぎ」をして持って帰ってきたので、初めて梅ジュースを作ってみました。
とにかく簡単で、手間のかからない作り方なので、手軽に作って飲んでみたい人にはオススメです。

↓これが、子どもが持って帰ってきた梅。(袋のままですみません

IMG_0800
「梅のヘタのとりかたは教わってきたよ!できるよ!」「傷がたくさんの梅はかびるから気を付けて」と、とても自慢げに話してくれました(笑)
しかし、我が家にはちょうどいい瓶がなかったので、つけるのではなく煮るだけでできる梅ジュースを作ることに。

まず下準備は梅を冷凍すること。(この作業は写真を撮り忘れてしまいましたすみません)
(1) 梅を一つずつやさしく水で洗って、傷がひどいものはよけます
流水で洗うほうがいいみたい。漬ける場合は発酵の心配もありますが、煮るので多少傷があっても大丈夫みたいです。
(2) キッチンペーパーなどでしっかり水けをふきます
(3) つまようじを使ってヘタを取ります
(4) そのあとジップロックに入れて一晩冷凍庫へ

ここからが本番!でも簡単です(笑)!
用意するのは、冷凍梅砂糖のみ。これらを鍋に1:1:2の割合で入れます。煮て作る梅シロップは1~2週間くらいで飲みきるほうがいいみたいなので、飲めそうな分量を作ります。

IMG_0801
鍋に冷凍梅を入れます。(今回は9個・224gでした)

IMG_0802
冷凍梅と同じ分量の砂糖を入れます。家にあった上白糖です。

IMG_0808
冷凍梅・砂糖の2倍の量の水(448g)を入れて火にかけます。

IMG_0809
沸騰したら、弱火にして10分~15分煮ます。火を止めて梅をとりだし、粗熱をとって冷やしたら完成です!

IMG_0807
水や炭酸水で、1:1で割るといい感じでしたよ。大人はお酒で割ってもいいですね。この時期さっぱりおいしい梅ジュース。手軽に作ってみたい方、いかがですか。


(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/はせウメコ】