広島地区ミニバスケットボール連盟(公式サイトはコチラ)に所属する、小学生バスケットボールチームの5年生大会が、2/2(土).3(日)に6ブロックにわかれて各地で開催されました。

3月に卒業する6年生をのぞいた選手たちだけが出場するだけに、来年度の新チームの実力をはかることができる大会。しかも、全国の強豪チームが参加する「全関西大会」の地区予選シード権も獲得できるだけに、例年大いに盛り上がる注目の大会です。
1245502
↑こんな豪快なダンクシュートを決めた選手が、このご近所に!?

その中で、われらがご近所の安佐南区に拠点を置く、唯一の広島地区ミニバス連盟公式チーム、伴東ミニバスケットボールクラブの男子チームが、な、なんと、Aブロックで優勝しました!
IMG_2891
↑表彰式のもようです。
【第一戦】 伴東80点 vs 海星19点
2年前の広島県大会で第三位だった海星に快勝。とはいっても海星は低学年の子が多く混じっていて、5年生が多い伴東チーム相手にとてもがんばってました。

【第二戦】 伴東61点 vs 亀山南26点
まるごとブログとしては、まさに〝ご近所対決〟。今回は伴東が勝ちました。亀山南チームは技術的に上手な子や高身長な子が多かったので、今後、目が離せないチームの一つです。

【決勝戦】 伴東40点 vs 仁保17点
5年生にとっては、初めてのフル出場の子たちが多く、もはやこの時点でお互いにフラフラ。応援する保護者もフラフラ(笑)。そんな中で、お互いに全力を出し切り、今回は伴東チームが優勝しました。
IMG_2895
↑「動けば変わる!」がチームフレーズの伴東ミニバスケットボールクラブ
今年度は、残すところ、2/16(土).17(日)の「広島市ミニバスケットボール交歓大会【さよならカップ6年生の部】」(組合せはコチラ)が公式戦最後の大会となります。
6年生が出場できる最後の大会です。
悔いの残らぬよう、そして失敗を恐れず、思い切ったプレイを見せてくださいね!

(書いた人/編集長 ジャッキー・リンガー)