2月10日(日)、広島市立中央図書館で「小説・物語を声で表現するために」という対面朗読ボランティア研修会があるみたいです。(広島市立中央図書館HPはこちら
実技指導も交えて、小説や物語を声だけで楽しく伝える技術について考える研修会とのこと。

IMG_8616
広島市立図書館の対面朗読ボランティアとして登録されている方はもちろん、対面朗読ボランティアに興味のある方でも参加できるよう。
対面朗読ボランティアとは…
対面朗読登録者へ図書館資料の朗読等を行う人。まんが図書館、あさ閲覧室を除く市立図書館で申込みが可能で、原則ボランティア養成講座を受講して、ボランティア登録後活動をするとのこと。
図書館でのボランティアについては、こちらのページ(図書館利用案内「よくある質問」)を参考にしてください。

講師は、朗読集団Reading Notte、Reading Giorno代表の多和田さち子さん。文学作品の朗読や音楽とコラボレートする舞台を中心に活動されているそうです。

定員は先着40名です。2月1日(金)9:00~受付開始しています。
広島市立中央図書館へ来館、電話またはFAXでお申込みください。


【イベント名】 小説・物語を声で表現するために
開催日/2019年2月10日(日)
時間/14:00~16:00
場所/広島市立中央図書館 3階セミナー室
広島市中区基町3番1号

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/はせウメコ】