広島で昔から盛んな伝統行事「とんど」。竹を大きなやぐらに組み、正月に使った門松やしめ縄、古い御札、書初めなどを置いて火をつけます。正月に迎えた歳神様をお送りする意味もあり、家内安全や一年の無事を祈る祭事です。安佐南区や安佐北区でも、神社や町内会、田んぼなどで行われています。そこで、地域密着の「とんど」情報を募集し、紹介していきたいと思います。まずは、安佐南区長束地区のご近所さんから教えていただいた情報です。
FullSizeRender

近年では、消防法や環境を配慮して「とんど」を取りやめる地域も増えているそうですが、長束地区では、伝統文化を次世代に継承していこうと、町内会と自治会との共催で積極的に取り組んでいるそうです。以下、「とんど」についてチラシに書かれていることを抜粋して紹介します。
正月飾りである松飾り(=門松)を飾っておく期間を大正月と呼び、終わりを告げるのが小正月です。小正月には一年の「無病息災」「家内安全」「五穀豊穣」「商売繁盛」「厄払い」などを祈願し、正月にお迎えした歳神様(万物に宿る神・五穀神・先祖の霊等)をとんど焼きの送り火によって、再び天にお送りします。これが「とんど焼き」です。竹の爆ぜる音は災いを退ける、とんどの火にあたると風をひかない、若返る、書初めの紙が高く舞い上がると習字がうまくなる、とんどで焼いた餅や団子を食べると虫歯にならない、などの言い伝えがあります。このようにとんど焼きの日は、先祖や万物の神に感謝し、色々な願い事をすることと、正月の浮かれた気分は今日までで、明日からは現実世界に戻って頑張ろうという、切り替えの日でもあります』

「とんど」に行く際の注意!!とんどは竹が爆ぜるときに火のこが飛ぶので、火が燃え移らないような服装で行くことが大事だそうです。お焚き上げするものは、ビニール、プラスチック、金属、柑橘などのナマモノ、それら全てを外して持って行くこと。お餅は各自で持参します。

■安佐南区長束学区「とんど祭り」
日時/2019年1月12日(土)午前11時半~午後3時ごろまで。
※雨天の場合は翌日に順延
場所/太田川放水路右岸(新庄橋と祇園大橋の間の河川敷)

↓地図は新庄橋

(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/ayamina】