新見南吉の代表作で、小学生4年生の国語教材としても取り入れられ、幅広い世代に愛されている童話『ごんぎつね』。
そのストーリーを交えながら、物語の中に描かれる昔の道具や情景を再現、展示して、
昔の人々の暮らしぶりを紹介する企画展『「ごんぎつね」が語る昔のくらし』広島市郷土資料館で11月25日(日)まで開催中みたいです。
FullSizeRender

展示期間中にはワークショップも開催されるようです。
  【内容】       【日時】   申込期間】    【対象】   【定員

◆お手玉作り     
10/20(土)    10/2~10/5 小学生と保護者  10組20人
             13:00~15:00
◆手すきハガキ作り  11/17(土)     11/1~11/4   小学生    20人
                                          13:00~15:00
◆絵手紙で年賀状作り 11/24(土)     11/1~11/4 小学生と保護者  10組20人
                                   13:00~15:00

FullSizeRender

11月3日(土・祝)にはスペシャルイベント『駄菓子作り広場開催!』と書いてあります。
事前申し込みは不要だそうです。どんなイベントか楽しみですね。

【イベント名】企画展『「ごんぎつね」が語る昔のくらし』
開催期間/2018年9月4日(火)~11月25日(日)
開催時間/9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日/毎週月曜日(9/17、9/24、10/8を除く)9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)
入館料/大人100円、高校生・シニア50円、中学生以下無料
電話/住所/082‐253‐6771
住所/広島市南区宇品御幸2丁目6‐20